スプーン1本からちょっとした棚板まで、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社 建築工房 創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL 0225-92-7080
FAX 0225-92-7081

※日中は外出していることが多いためメールにてお問合せください。

行燈

2018年07月20日

昔の照明具の代表的な一種で、円形や四角の木のわくに和紙をはり中には油皿を置いて火をともした物が行燈です。
今でも旅館や料亭で和の空間をつくり出す物として使われています。

私の行燈はチーム創のメンバーでもある協和木工所の上杉さんが作ってくれた物ですが、あの熊のような大きな手で作ったとは思えない繊細な技術・表現力には脱帽です!

Team創 
日野 孝洋

posted by しん at 10:15 PM |

薪棚2号機がついに完成!

2018年07月3日

昨年の薪棚1号機に続いて薪棚2号機がついに完成です。

今回の薪棚は大きな改良はせずに1号機と同じ仕様で作成し、そのかわり長さを大幅に伸ばしました。

この長さには理由があり自宅の裏側は風通しが良すぎるので防風壁を兼ねた構造で位置寸法を決めたのです。
後は薪棚の間に樹木を植えて完成です。

ちなみ薪棚と一緒写ってるいるのが働き物のリアちゃん薪の運搬時には大変活躍し何かと頼りになります!

Team創 日野 孝洋

posted by しん at 10:15 PM |

ある日の空

2018年05月30日

明日の雲行きを気にしつつよく空を見上げています。

6月から7月の梅雨時期は特に面白く、青空と雨雲のせめぎ合いなんてよく見かけますね。

そんな中ふと見上げた空に人影?



わたしの想像力は風の谷のナウシカのクライマックスシーンを思い出しました。

日野 孝洋

posted by しん at 10:08 PM |

アリの薪棚

2017年12月5日

毎年薪はあるものの薪を入れる棚が不足しておりました。
新築前は倉庫の軒を使い仮設の棚を作り、足りなければ野ざらしとなり
納得がいく薪棚とは言えませんでした。
 
新築の完成に合わせて作りたかった薪棚は構想から約2年半たち
やっと1号機完成しました。
ベースは単管で剛性を強め、屋根はあらゆる天候に強いオンデュリン、
壁面は住宅に合わせ木材を使用し、納得のいく薪棚がとうとう完成しました。
容量は幅1.5m×高さ1.6mの2列仕様。これで一か月分の十分な容量となり
oneシーズンは安心です。
 
ところが我が家にはキリギリス君たちがやってくるため、彼らの為にアリ(私)は
多めに保管しておく必要があり、薪棚2号機・3号機と増設して彼らの笑顔を
見たいため頑張りつづけます。(^O^) /

日野 孝洋

posted by しん at 9:16 PM |

職人の休日。

2017年05月8日

今年のゴールデンウィークは岩手県大船渡市を目指していざツーリング。
しかし予定はあくまで予定であり、すぐ予定変更が出来るのも旅の良いところ‼︎

通り道の気仙沼市に着いたらフェリーが見えたので、ここで予定変更!大島行きの往復チケットを購入。
始めて大島に愛車と上陸をし、心が踊るのを抑えながらも島の観光名所を回る。

島の灯台、歴史ある建物、島の穏やか気候、新鮮な食事。
その何よりも島の人達の暖かさや親切な心遣いが感動でした。

この島で予定に無い民宿への宿泊を思いついたが、往復チケットを購入してしまった事に後悔をし、大島の展望台でパシャリ‼︎

次に来る時は民宿かキャンプを計画!
皆様、忙しい1日から離れてご一緒にいかがですか?

日野 孝洋

posted by しん at 10:46 PM |

響き渡る雨音。

2017年04月11日

今日の午後はあいにくの雨。

仕事中はいらない雨ですが〝ひかりを紡ぎ進む家〝では癒しの時です。

屋根はいわゆるトタン屋根、天井は表しのため、雨が降れば家中に雨音が響き渡り、時にはザーザーと激しく、時にはしとしと優しく、色々な雨音を聞かせてくれる中で、私は今夢中になっているランタンに火を灯して過ごす時が田舎にある我が家の癒しの時間。

日野 孝洋

posted by しん at 11:55 PM |

中秋の名月

2015年09月27日

月の”ひかり”のもとですべてに感謝。

日野 孝洋

posted by しん at 11:24 PM |

お盆に植物、生物たち。

2015年08月17日

庭でスーパーマリオのクリボー発見‼️
何のキノコか分からない❓
なぞが深まる…..

日野 孝洋

そして、加工場の天井に作られた大きな巣。そう危険なスズメバチの巣です!ブンブン音を立てて作業中の様子…..
今年は特に多いですねェ。(加工に支障をきたすため夜間に。)

 

 

 

posted by しん at 9:38 PM |

ドラム缶風呂。

2015年07月26日

それではと、お風呂の準備開始します。

準備担当のタッカ指示のもとブロックの上にドラン缶を乗せて薪に火をつけて待つこと数十分。
最高にイイ湯加減に。底は熱いのでスノコを作ってドラム缶風呂の準備完了です。

小さな電球を照らし、虫の声と牛の声を聞きながら最高に幸せな時間です。

 

 

 

posted by しん at 9:32 PM |

思わず嫁さんと衝動買い!!

2015年07月23日

沢山ある陶器のなかで、ついつい手が伸びて買ってしまいました。

これを見てると日本の夏を感じます^ ^

日野 孝洋

posted by しん at 8:08 AM |

1 / 212
↑Back to Top