スプーン1本からちょっとした棚板まで、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社 建築工房 創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL 0225-92-7080
FAX 0225-92-7081

※日中は外出していることが多いためメールにてお問合せください。

BLOG

まもなく地上へ。

2015年07月22日

この前もお話しましたが昨年、我が家に山からの贈り物、カブト虫さんたちが三つの卵を残してくれました。

先日、動き出した一番目のメス。そしてまもなく二番目のオスが今にも動き出しそうです。

posted by しん at 10:42 PM |

土の中から…

2015年07月19日

風呂上がりに二階ホールで涼んでいたところ、“コッチを見て“と呼び寄せられるように視線は階段の一部に目を向けるとそこに居たのはナント、、、昨年捕まえてきて、幼虫となり土の中にいたはずのメスのカブトムシではありませんか!

階段を上り、元気な姿を見せにやってきてくれました。感謝、感激ですね。

r

 

posted by しん at 11:58 PM |

組み木パズル。

2015年06月14日

ある日、現場に行くと棟梁から難題が…

差し出されたのは、広葉樹で手づくりされた ”組み木パズル”
『ばらして組み立ててみて』とひとこと。
どこからバラすのか…じっと見つめること、何分たったでしょうか。

あった大きめに相い欠きされた入口。
一本の木が回った!
…しかし、組み立てることができずに負けず嫌いの私はお持ち帰りとさせてもらう。

習得するため ”組み木パズル” とともに一緒に帰ってきました… やるぞ!

 

posted by しん at 9:01 AM |

『大屋根ささえる手仕事の家』外観写真。

2015年06月12日

ギャラリー『大屋根ささえる手仕事の家』外観写真を追加しました。

↓こちらをご覧ください。

http://www.k-sou.com/galleries/2015/

posted by しん at 9:49 PM |

ホッとした気持ち。

2015年06月5日

先日、『ひかりを紡ぎ進む家』にお邪魔してきました。

屋根付近で作業していた親方に用事があったので足場を登り、用事を終え帰ろうとした所、足場になんやら緑の物体が、何ともまぁ~カエルがこちらを向いていました。
何とも言えないホっとした気持ちなりました。

周りに自然がたくさんある所に家を建てられるなんてお施主さんは幸せものだな~ ゲロゲロ

幸田 大輔

posted by しん at 7:01 AM |

月。

2015年06月3日

帰り道。空に浮かぶ ”満月”…

明日から、また新たな風が吹きそうです。

 

 

posted by しん at 11:27 PM |

New!『ギャラリー』UPしました。

2015年05月21日

『風流感じる木組みの家』是非、皆さんご覧ください!

ギャラリー
http://www.k-sou.com/gallery/

posted by しん at 10:32 PM |

GW期間休業のお知らせ

2015年05月2日

いつも創のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
弊社では5月3日(日)~6日(水)までをGW期間休業とさせていただきます。
お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承いただけますよう宜しく
お願い致します。

posted by しん at 8:48 PM |

建築家 中村好文さんの講演会へ。

2015年04月15日

先日、建築家 中村好文さんの講演会に行ってきました!

『エンケルを目指して』

スウェーデン語で『エンケル』は ”普通でちょうどいい” という意味だそうです。
中村さんが常に生活の中で使っているお気に入りの家具や道具を紹介しながら”普通でちょうどいい”とはどんなものかなど話題が盛りだくさんであっという間に時間は過ぎていきました。

最後に中村さんへの質問コーナーがありもっと聞きたいなという場面も。

講演会終了後はこの日からカンケイマルラボで始まった好文堂で家具や道具を見ながらの座談会で話しが尽きづ……
中村さんからの道具の説明もあり、ワクワクしながら聞き入りました。

こういう時間とても大切ですね。
(ちなみに好文展はカンケイマルラボにて ~4/26(日)まで開催中です!どうぞ皆さん足を運んでみてください。)

posted by しん at 10:05 PM |

代々継がれる箪笥。

2015年04月5日

先日、現在新築中のお住まいに一緒に備え付けたいとお施主様の希望により実家においてある代々継がれる箪笥の状態を見に”木のしごと樹々”の齋藤さんとお邪魔して来ました。

欅の前板の引き出しの中に敷かれている自分の生まれる前に発行された新聞に仰天。しかしながら話を聞くとなんと100年以上も前のものらしい。

時代は過ぎれど無垢材は生きつづける……あらためて本物の木の強さに感動です。古きをあたため、これからも再生し、また受け継がれていくことでしょう。

posted by しん at 1:12 PM |

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »
↑Back to Top