スプーン1本からちょっとした棚板まで、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社 建築工房 創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL 0225-92-7080
FAX 0225-92-7081

※日中は外出していることが多いためメールにてお問合せください。

家づくりの現場から

一年点検へ行ってきました。

2018年12月8日

”森が二生を得る家”より。

もう引き渡しから早一年。
緑色の田園風景がつづく清々しい景色の真ん中に木組みの家が建っています。

室内は薪ストーブをつけていないのに大きな木製サッシから太陽の日差しがさんさんと差し込み、ゆっくりと時間が流れていて点検を終わった後も話し込んでしまいました。

拭き漆で仕上げた栗のダイニングテーブルに座り、コーヒーをご馳走になりながら、あらためて自然のチカラ、太陽のあたたかさを実感しました。

『真壁木組みの家』落ち着きますね。


posted by しん at 9:45 PM | 新築 森が二生を得る家

”森が二生を得る家” 薪ストーブに火入れ。

2017年10月24日

”森が二生を得る家”より。

つい最近は寒暖差がはげしく夕方になると気温が急に下がりますねぇ。

というわけで、土間に置いた薪ストーブに取扱い説明を含めまして、わたくし火入れをお手伝いさせていただきました。

今回の薪ストーブは鉄製で長野県のイエルカ・ワインさん製作によるものです。

 薪をくべるたびに空間が少しずつ、ほどってくるのがわかります。

やっぱり薪ストーブって、イイですねェ。
(我が家もそろそろつけますぞ。)

posted by しん at 12:59 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

『畳』を知る。生産者表示。

2017年10月12日

「森が二生を得る家」より。

今回、畳は土間角にある二畳の半畳縁なし畳と畳ベットに敷き込みました。

今回使用しました畳は床(とこ)は宮城県産の藁床(わらどこ)、そして畳表は熊本県八代市産のイ草を使用した純国産天然畳表です。
この熊本の畳表は生産地、生産者名、検索番号等の生産者情報がバーコードでわかるように工夫されています。

畳表のサンプルをそろえて畳屋さんの話を聞きながらお施主様とよ~っく見てみるとその違いに驚きます。

各県にとても良い素材がありますが現在、畳表は中国産が多く使用されているのが現状です。

 

posted by しん at 9:26 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

”森が二生を得る家” 写真撮影の日。

2017年10月7日

”森が二生を得る家”より。

昨日は伊藤カメラマンさんによる写真撮影の日。
夕景の撮影もあり、天気が心配でおりました…..がしかしいい感じの天気で撮影開始。

伊藤カメラマンさんのアシスタント(?)コヤマもひた走りました。
こっちもあっちもほしいカットだらけでしたので……..

そして最後は時間をみての夕景。
あ~最高です、本当にきれいな絵をありがとうがざいました!

posted by しん at 7:17 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

取扱い説明と床を塗る。

2017年09月30日

”森が二生を得る家”より。

完成見学会も終わり、今日はチーム創、器具メーカーさんによる取扱い説明をお施主様に行いました。

その後は、お施主様が行う床塗装。わたくしが床塗装の手順をお話しし、米ぬか(キヌカ)を容器に移していざ作業開始です!

外壁の杉板塗装から先日は左官の漆喰塗りにも挑戦!
さすが今回も手際よくギュッとしぼった米ぬかを、床へこすっては、すり込ませております。

posted by しん at 9:38 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

『森が二生を得る家』完成見学会を終えて皆さまへお礼。

2017年09月27日

この度は、『森が二生を得る家』完成見学会にご来場いただき誠にありがとうございました。

今回の住まいは、私どもが得意とする伝統的な木組みによる建物でしたがご覧いただいたご感想はいかがでしたでしょう。

無垢材と自然素材による手数を惜しまない家づくりが、『清々しい家』を生むことを実感していただけたことと思います。

次もまた多くの方にとって新しい発見がある住まいになるよう努めてまいります。また皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。

posted by しん at 9:00 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

木製玄関引戸の敷居。

2017年09月11日

”森が二生を得る家”より。

今回もまた木製でつくる外部建具は玄関引戸、勝手口引戸、戸袋に引込で大開口できる木製サッシなど多数あります。

その中で玄関引戸の敷居については今まで色々と形を変えてきました。

真鍮製レールを土間に埋め込んだり、ステンレスレールを一体でつくったりなど様々行ってきました。
今回は創ではお馴染みになりました地元の石であります『稲井石』を加工してレールを石に埋め込んで二段敷きにしてつくってみました。

写真はレール加工・切断前の稲井石に加工してほしいところに割り付け→墨付けしたものです。
実際に設置取付した稲井石の敷居。
おもみがあってとてもイイ感じです。(現場にてご覧ください。)

posted by しん at 11:39 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

”森が二生を得る家” 左官工事、大詰めです。

2017年09月8日

”森が二生を得る家”より。

現場内では、左官工事が順調で漆喰塗りの作業も完成し、スサ入り色モルタルのサンプルをつくりお施主様にご覧になっていただき、いよいよ土間の塗り作業に入ります。

まずは基礎巾木も色モルタル塗です。

posted by しん at 11:49 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

拭き漆のキッチン天板。

2017年09月4日

”森が二生を得る家”より。

この日は家具工事にて出来上がったキッチンの収納部分に拭き漆で仕上げたニレの無垢天板がついに収められました。

3人で持ち上げ化粧柱に差し込んでいきます。
押しても、引いてもひとつひとつの作業が気を使いながらの施工でした。
きれいに納まったキッチン天板はまた次回に。

posted by しん at 10:15 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

漆喰塗り、はじまります。

2017年08月28日

森が二生を得る家より。

ようやくとここまできました。
…….と思わずぽろっと出てしまいましたが先日、木完検査を行いました。

吹抜けの大きな窓に西日差し込む、田園風景。
夜になると秋を感じさせる虫の音が聞こえ始めました。

いよいよ内装仕上げ工事。左官屋さんの登場です。

posted by しん at 10:14 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

1 / 41234
↑Back to Top