スプーン1本からちょっとした棚板まで、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社 建築工房 創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL 0225-92-7080
FAX 0225-92-7081

※日中は外出していることが多いためメールにてお問合せください。

家づくりの現場から

”庭”いいですねぇ。

2015年03月7日

”大屋根ささえる手仕事の家”より

待ちに待った、庭師 Natures Rock Kawamura Gardenさんのしごと。

入口で迎えてくれるオカメナンテン。

スロープにサラッとかぶさるヤマモミジ。思わず立ち止まることでしょう。

建物がこんなにかわるなんて…..
ほんと庭って素晴らしいです。




posted by しん at 8:45 AM | 大屋根ささえる手仕事の家 新築

来週は庭師さん。

2015年02月28日

こちらは外構工事の現場より。
化粧コンクリート打放し壁も左官工事に続き本日、塗装屋さんによるコンクリート表面を守るための浸透性保護材を塗装完了。

来週はいよいよカワムラガーデンさんによる植栽工事の始まりです。
楽しみですねぇ。

posted by しん at 11:28 PM | 大屋根ささえる手仕事の家 新築

定期点検にいってきました。

2015年02月13日

先週、”大屋根ささえる手仕事の家” 六ヵ月目の定期点検にいってきました。

家の中に入ると空気のきれいさがなんとも清々しい。

まずは外部から点検項目を順番に追いながらチェック。
六ヵ月目、一年目は特に出入口、木製建具の調整が多くカンナの出番が非常に多いんです。

床の唐松はきれいな色に飴色になってきてより一層、あたたかみのある空間になってました。
訪れるたびに変わっていくのも木の家、自然素材の家の特徴ですね。

posted by しん at 11:16 PM | 大屋根ささえる手仕事の家 新築

外構工事、始まりました。

2014年12月23日

12月師走も年末に近づきましたが現場では寒さに負けず、外構工事が元気にスタートしました!
楽しんで進んで行きましょう!

 

posted by しん at 12:28 AM | 大屋根ささえる手仕事の家

渡波の家へ。

2014年11月29日

久々、渡波にある”大屋根ささえる手仕事の家”に外構工事の打ち合わせにお邪魔して来ました。

…..ここも早いもので引き渡し後、 早六ヶ月を過ぎました。

お施主様に住み心地を聞いたところ、さぞ満足していただいておりました。今後のためにこうした方がより良かったという所も必ず聞くようにしています。
奥様が言うには外部の音が気にならず外に出て雨が降っていることを気づくことも度々のようで。
(この防音性は断熱材・新聞古紙セルロースファイバーのお陰なのです。)

こちらの家は自然素材、無垢をつかい気持ちのいい空間を創ることは去ることながら高齢の奥様の一日(朝から夜まで)の動線を考え、色々と取り入れたことを思い出します。
(空気に敏感な自分。木製玄関引戸を開けると体中に何ともいい空気が入ってくるんです。まさに深呼吸が気持ちいい家です!またまた足に根が生え、ついついながいを…すみませんでした。)

 

posted by しん at 11:06 PM | 大屋根ささえる手仕事の家 新築

新たな家具の仲間入り。

2014年07月6日

昨日、”大屋根ささえる手仕事の家”にて。
待ちに待った、だんらんの間のテーブルが仲間入りしました。

木のしごと樹々 齋藤さんが時間をかけ出来上がったテーブルは以前工房にお邪魔したときに決めた濃い茶色の材質、ウォールナットを使ったもの。

旦那様の希望で長さがあるため、内側に緩やかな曲線をつけることで全体を和らげてあります。
なるほど!たしかに大きさがあるのに部屋が窮屈に見えませんねぇ。 
足も徐々に細く絞りあげたシンプルな仕上がりです。

日々、木の質感を味わいながら使い込まれていく内に”あじ”が出てくるのはまさに無垢の醍醐味ですねぇ。

posted by しん at 7:47 PM | 大屋根ささえる手仕事の家

地元産の陶芸手洗い鉢。

2014年04月29日

待っておりました手洗い鉢が出来たと三輪田窯の亀山さんから連絡がありすぐさま三輪田へ向かう。

窯場の二俣小学校三輪田分教場に着くやいなや出来上がった鉢に感動!

ラインを崩さず、上品山の岩、銅、マンガンなどを調合して出来上がったまさに石巻産の陶器・手洗い鉢。
お施主様宅に持ち運んでお披露目。二度目の感激のお言葉をいただきました。
本当にきれいな仕上がりでした。有り難う御座いました!

 

posted by しん at 11:54 PM | 大屋根ささえる手仕事の家 新築

玄関の土間はこうしてます。

2014年04月25日

玄関の土間仕様は何ですか?

よく受ける質問のひとつ。

創では豆砂利洗い出し仕上げという左官屋さんが見せてくれる技法を採用しています。

モルタルに松煙(松を焼いたときに出る煙から煤をとり顔料にしたもの)、骨材を混ぜ表面を洗い出し、混入した骨材を洗い出す仕上げです。

写真は水とブラシで表面のノロを洗い出したあと、スポンジなどで洗い残しが無いように拭き取っているところです。

骨材はときに違いますが大きさはほぼ決めています。

posted by しん at 12:15 AM | 大屋根ささえる手仕事の家 新築

京からかみ。

2014年04月7日

いよいよ今週に完成の”大屋根ささえる手仕事の家”

今日ご紹介するのは先月末に京都から届いた”京からかみ”
落ち着いた原紙と木版模様のバランス。

木版模様は藤伏蝶、摺り色は鈍色キラ。キラは光の当たり方で
まるで違う模様に見えます。

 

京からかみ 丸二
詳しくはこちらを➡www.maruni-kyoto.co.jp 



posted by しん at 10:35 PM | 大屋根ささえる手仕事の家 新築

左官~漆喰を塗る。

2014年04月6日

先週の作業より。”大屋根ささえる手仕事の家”

現場内では左官屋さんがひたすら壁、天井の漆喰塗りの作業中です。
まずは下塗りの作業を行う千葉左官の千葉さんです。

仕上がったばかりの漆喰塗りの空間は海藻糊(角又)の香りがします。
創ではフラット(平ら)な仕上げ面が基本ですが今回は室内を替え、
漆喰に骨材を混ぜ合わせラフ仕上げで施工です。
(いや~いいですねぇ♪)

 

posted by しん at 8:41 AM | 大屋根ささえる手仕事の家 新築

1 / 3123
↑Back to Top