スプーン1本からちょっとした棚板まで、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社 建築工房 創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL 0225-92-7080
FAX 0225-92-7081

※日中は外出していることが多いためメールにてお問合せください。

家づくりの現場から

木組みの空に雲をみつける家。(新聞古紙断熱材であったか。)

2013年03月30日

木組みの空に雲をみつける家。
室内では創仕様断熱材の作業中。内壁に不織布をいう呼吸するシートを外壁面に張り、専用ホースにセルロースファイバー断熱材(新聞古紙を利用した断熱材)を送り込み壁内に吹き込む。

パンパンにふくれあがった断熱材。断熱性・吸湿性はもちろんのこと、防音性にすぐれ室内は澄んだ空間になるんです。
薪ストーブのあたたかな熱を逃がさず保温してくれます。

posted by しん at 11:59 PM | 新築 木組みの空に雲をみつける家。

木組みの空に雲をみつける家。(春の青空。)

2013年03月28日

・・・木組みの空に雲をみつける家。 では外壁工事が完了し外部の木部塗装中です。
その木部塗装、なんとお施主様が休日のたび強風の日も寒い日も共に家づくりに参加!

リボス(自然塗料)片手に頑張っていただいております。
自ら自分の住むいえに手を入れることにより更に愛着が湧き上がるとお施主様。

家づくりの楽しさ。 清々しい家を一緒に作り上げていく。



posted by しん at 11:58 PM | 新築 木組みの空に雲をみつける家。

生成りの家(配筋検査も合格。)

2013年03月26日

先日、社内基礎検査のあと第三者機関による配筋検査も無事合格し
本日、耐圧盤コンクリートの打設。
っと午前のサッときた雪に基礎屋さんと ヒヤリ。 (降るなよー。(祈))

鉄筋配列がきれい。
土間の鉄筋が少しも波打つことなく真っ平らに配列された鉄筋。
しかし、土間砕石の転圧(ランマーという機械で締め固める)が十分でないと
作業で歩いているうちに浮き沈みし波打って、これにより不具合が生じるんです。
(….仙台勤務の際にみっちりと基礎についてたたき込まれました。思い出すなぁ。) 

posted by しん at 11:19 PM | 新築 生成りの家

青空とともに。

2013年03月23日

庭から南西の空を眺める。
青々とした空。創の家も三月で丸五年。

外部の木には当時、自分で自然塗料を塗装したのを思い出します。
よく見るとキラッと光る外壁は白竜石を含む石灰モルタル塗り。
とても寒い日が続いたときでした…。

その土地により差はありますが五年後の木の家です。

posted by しん at 11:22 PM | その他

生成りの家(基礎工事はじまりました。)

2013年03月20日

北西の風が強く吹き付ける日も度々ありましたが、このところ
晴天がつづき平均気温も徐々に上がってきて基礎工事には最適
な時期が間もなくやってきます。

〜 捨てコン打設完了です。

 

posted by しん at 9:38 PM | 新築 生成りの家

生成りの家(いよいよ着工しました。)

2013年03月18日

早いもので三月も中旬を過ぎ卒業、卒園シーズンも終わるころ。

生成りの家では地盤改良工事に着手しました。
数日後は基礎工事が始まります。(楽しみ楽しみ)

(ここの現場の近くには野球少年のころ、よく来た球場があり
妙にそのころを思い出します。)

 

posted by しん at 10:44 PM | 新築 生成りの家

木組みの空に雲をみつける家。(めずらしい木で。)

2013年03月16日

今日はだんらんの間のテーブルにつかう木材を決めるため 
木工作家 木のしごと樹々 齋藤さん の元にお施主様と一緒に
工房へお邪魔して来ました。

数ある広葉樹。ケヤキ、タモ、ブナ・・・。
齋藤さんが時間をかけ天然乾燥している倉庫へ移動。

5年、10年後に無垢の家具として生まれ変わる木達。
その中に茶赤色をした樹種を発見!

その名は”雷神木”(らいじんぼく)という木。
とても珍しい木で学問の木や落雷避けの木として信仰されているようです。
というわけで木は雷神木で決定ですね。

仕上げられたテーブルはどんな表情をみせてくれるのか今から楽しみです!

木のしごと樹々 齋藤 英樹さん
詳しくはこちらを → http://www.k5.dion.ne.jp/~ju-ju/index.html

posted by しん at 10:06 PM | 新築 木組みの空に雲をみつける家。

木の日本酒冷蔵庫

2013年03月16日

おいしい地酒を数多く取り揃えて県外からも多くの
お客さんが毎日来店する四釜商店さん。


今回は日本酒冷蔵庫の入れ替えと共に冷蔵庫の壁仕上げ部分を
杉羽目板(無節)仕上げに衣装替えぴかぴか(新しい)

すべての鋼板部分は見事になくなり、無垢の木とステンレス素材へ。
木の日本酒冷蔵庫の完成です! 
杉板は日本酒を一段と引き立てます。
お客様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。
(ちなみに自分が今おすすめするお酒、”屋守” すんっごいおいしいです!)

四釜商店さん 詳しくはこちら→ http://www.shikamashoten.com/index.html

 

posted by しん at 9:26 PM | その他

↑Back to Top