スプーン1本からちょっとした棚板まで、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社 建築工房 創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL 0225-92-7080
FAX 0225-92-7081

※日中は外出していることが多いためメールにてお問合せください。

家づくりの現場から

神棚製作の依頼その2。

2017年04月28日

”安らぎを真ん中に置く家”より

神棚製作の依頼をうけ、加工中でございました神棚の部品を現場に搬入です。

いよいよ定位置への取り付けに取りかかりました。
仕上がり具合は”ギャラリーUP”のときに!

 

posted by しん at 11:34 PM | 安らぎを真ん中に置く家 新築:建築中!

外壁の杉板張り。

2017年04月25日

”暮らし整う柾目の家”より

外部工事はいよいよ大工さんによる外壁杉板張りが完了し、塗装屋さんが最終のお化粧に着手しました!

軒天の杉板を塗り、外壁杉板を塗り、そしてリシンの準備に取り掛かりました!

 

posted by しん at 11:17 PM | 新築:建築中! 暮らし整う柾目の家

外壁杉板の自然乾燥。

2017年04月22日

”森が二生を得る家”より

この日は、昨年丸太を挽いて赤身部分だけを自然乾燥させていた外壁に使用する杉板(もちろん宮城県産材)の乾燥状態を確認にお施主様と一緒に木材置場に行って来ました。

杉板は押縁とともに乾燥収縮をするのをみこして数ミリ大きくして粗挽きし、一枚づつちょっと離して等間隔に並べ桟木を挟めてまた並べて行きます。それを繰り返し一棟で数百枚使用するんです。
置場は直射日光をさえぎり、風が東西南北から入り込んでくれる、とても自然乾燥に適した場所です。

手間暇をおしまず、じっくりとおいた自然から生まれた杉板はようやく加工場にて大工さんによる加工です。
宮城の木を使った、”外壁杉板張り”をお楽しみに!

 

posted by しん at 11:54 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

再生紙をはる。

2017年04月19日

”安らぎを真ん中に置く家”より

現場は仕上げ終盤。左官屋さんの漆喰塗りともう一つの仕上げであります内装屋さん施工のウッドチップ壁紙。

これは再生紙とウッドチップ(木片)からつくられているエコロジー壁紙なのです。
この紙との出逢いから10年以上経ちますが施工する内装屋さんもいろいろと考えながら貼ってきました。なんせ紙なので施工の際に破けやすく、その他いろいろあり施工はとにかく難しい。

でもそこは創の内装屋さん!
天井によく和紙を目透しで貼ってもらうのですが、この再生紙ももうなれたものです。
さぁ、真っ白な壁、天井が仕上がっていきます。

 

 

 

posted by しん at 7:24 PM | 安らぎを真ん中に置く家 新築:建築中!

社内検査。木下地編。

2017年04月17日

”暮らし整う柾目の家”より

検査が固まった先週のこと。
各現場検査はその工事工程ごとにありますが、やはり木工事における検査が多くあります。
この日は、入口枠を造作加工して取り付けた後、水平、垂直のズレや直角等をレーザー測定器により一か所ずつ検査していきます。赤や緑のレーザーで見事にわかります。

それが終わると内壁の石膏ボードを張る前に横方向に取り付けた壁胴縁と呼ばれる木下地組みを長いまっすぐ通った定規により通りを確認していきます。一緒に手摺や押入れの中棚、枕棚の補強木下地も確認していきます。

ちなみに一人で見ていくので結構時間がかかります。この日も夕方になってしまいましたが検査状況は久々、森田大工さんに写真を撮ってもらいました。

posted by しん at 7:40 PM | 新築:建築中! 暮らし整う柾目の家

蛇田の家、地鎮祭です!

2017年04月14日

地鎮祭の前の日からあいにくの雨…….

しかし現場に到着し、地鎮祭準備をしていると雨はやみ、曇り空が真っ青な青空に変わっていくではありませんか!

青空のもと地鎮祭では施主様、チーム創にて工事の安全を祈願いたしました。

蛇田の家は現在利府で施工中の森田大工班が担当です。

今回も施主様とはねりにねった図面内容。外壁にはわたしの大好きな宮城県で育った赤身の杉板や一部、ガルバリウム鋼板をつかいます。内部のキッチンも木製オリジナルです。うらやましい広さのバイクガレージもありますよぉ。

それでは、いざ開始です!

posted by しん at 9:46 PM | 新築:建築中! 蛇田の家

”安らぎを真ん中に置く家” 木完検査

2017年04月11日

”安らぎを真ん中に置く家”

昨日、木工事が完了し本日、社内木完検査。
わたくし一人ですので写真には写っておりませんが検査中です。

写真はポスト口。広葉樹で製作中。
(なぜか今日は自然とチーム創のメンバーが現場を見にやってくる日でありました。)

 

posted by しん at 11:43 PM | 安らぎを真ん中に置く家 新築:建築中!

スノコロフトで。月見台で。

2017年04月8日

今日はお久しぶりに石巻は三輪田にある ”ひかりを紡ぎ進む家” にお邪魔してきました。

というのも先日取材を受けました新聞記事をご覧下さったお客様が是非見学したいということでお施主様にお願いしたところ快く引き受けてくださいました。

家から見えるきれいな風景は四季折々でベストポジションがあるんですね。
お客様と越屋根のスノコロフトや月見台で語ってみました。

玄関前の梅もきれいですね 。(曇り空が残念です、、)
今日はありがとうございました。

posted by しん at 11:33 PM | ひかりを紡ぎ進む家 新築

中間検査、合格!

2017年04月5日

”森が二生を得る家”より

本日、石巻市の中間検査がございまして市に提出しております確認済証の設計図をもとに境界からの離れや構造用金物等について設計図通り工事が行われているかの中間検査が行われました。

……….そして結果はGood!不備はなく合格をいただきました!
これも事前の社内検査があってのことですね。

検査も合格をいただきましたので明日より外部工事の着手です。

posted by しん at 11:54 PM | 新築:建築中! 森が二生を得る家

石膏ボードの種類。

2017年04月2日

”暮らし整う柾目の家”より

大工さんたち、天井の木下地組みが終わり、石膏ボード張りの真っ最中です。
ところで何げな~く張っているこの石膏ボードですが、その表面の色によって性能が違うのをみなさんご存知でしたか?

種類がありますので一般に木造住宅で使われるボードを抜粋して簡単にご説明するとまずは

①・標準タイプ石膏ボード(タイガーボード:表面色・うす黄色)
※標準的な石膏ボード
室内の壁・天井のクロス張り仕上げなどの下地材に最も多く使われている。

②・シージング石膏ボード(タイガー防水ボード:表面色・黄緑色)
弊社では洗面脱衣室やキッチン廻りに採用。(ビスを打ってみるとわかりますが表面は固いです。)

タイガーボードの両面の原紙および芯のせっこうに防水処理を施したものです。湿度、温度による伸縮、変形が少ないのが特徴。

③・ホルムアルデヒド吸収分解石膏ボード(ダイガーハイクリンボード:表面色・うすピンク色)

※弊社標準の石膏ボード
「シックハウス症候群」
の原因となっているホルムアルデヒド(新築直後や新しい家具などから発生する)を吸収し、さらに分解します。

表面色により種類分けされている石膏ボード。ほかにも種類はありますが、おおよそこんな感じです。
ホルムアルデヒド吸収分解石膏ボードを標準採用することでよりクリーンな室内を創っています!



posted by しん at 9:30 PM | 新築:建築中! 暮らし整う柾目の家

↑Back to Top