スプーン1本からちょっとした棚板まで、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社 建築工房 創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL 0225-92-7080
FAX 0225-92-7081

※日中は外出していることが多いためメールにてお問合せください。

家づくりの現場から

美容室”#Lua”ルーアさん。

2017年11月30日

美容室”#Lua”ルーアさん、改装工事開始しました。

現場は弊社から5分ほどの石巻バイパス沿い。

外装をお手製の木製サッシと杉板。そしてガルバリウム鋼板を交えた、木と鉄の外装。
内部はオーナーさまのこだわりと漆喰などの素材を多用してみようと思います。

オープンをお楽しみに。

posted by しん at 10:28 PM | リフォーム

”かじかの家” 建て方開始!

2017年11月28日

”かじかの家より”

登米市東和町。

手刻み加工→土台敷きが終わり、天候にも恵まれ雲ひとつない空のもと、建て方作業開始しました!

木をたたく音がよ~く響きわたっています。


posted by しん at 10:21 PM | かじかの家 新築:建築中!

”かじかの家” 削り丸柱の加工。

2017年11月22日

”かじかの家”より。

手刻み加工も順調に進み、最終の柱加工中。
今回は玄関ポーチに無垢のヒノキ削り丸柱が3本取り付けられます。

しかしながらどば(丸太集積場)にて多めに取り寄せた丸太を見ても、ん~。太さが定まらない……..

再度取り寄せた6本の内から3本を選出!ようやく加工です。
柱の下に取り付けられる、ひと手間加えた”稲井石”にはボルト用穴があります。
そこにホゾが入るように加工しているのです。(これならズレませんね)

削り丸太のアップ画像もご覧ください。

来週はいよいよ建て方作業が始まります!


posted by しん at 9:36 PM | かじかの家 新築:建築中!

”蛇田の家” ヒノキハーフバス。

2017年11月19日

”蛇田の家”より。

内部工事は気温が低くなり室内を暖めながらの左官屋さんによる漆喰塗りも始まりました。

今回の浴室は浴槽、床がユニットで壁、天井が無垢のヒノキ板張りという”ヒノキハーフバス仕様”。

壁・天井に下地、防水層があるのですが下地にもヒノキを加工して使った二重ヒノキ壁にしています。

ヒノキは曲がりやねじれが少なく自然条件にも耐えられる耐久性があります。
 弊社では土台、大引き、床下の材料、通し柱などの構造材に使用しています。
また、桧は防虫効果がある成分を含んでいるので虫がつきにくいのです。
(融資条件によっては、ヒノキは心持ち材であれば、薬剤処理をせずに土台に使うことが認められています。)

posted by しん at 8:48 AM | 新築:建築中! 蛇田の家

”かじかの家” 基礎工事中。

2017年11月16日

”かじかの家”より。

台風に何度もあたりながらコンクリート打設日は晴れ。
順調に基礎工事が進む”かじかの家”。

この日も何度も落ちてくる落葉を幾度も拾い清掃しながらの季節を感じさせる土間コンクリート打設の日でした。

お天道様にも恵まれ無事、土間コンクリートを打設完了しました!
(※現在は立上りコンクリートも打設完了です。…..ブログ遅くなりましてすみません!)

posted by しん at 12:29 AM | かじかの家 新築:建築中!

”蛇田の家” 外壁杉板、塗装完了です。

2017年11月12日

”蛇田の家”より

外壁の杉板は2色使いのため軒天等の屋根部分を乾燥させてからの外壁塗装で塗装屋さんも2色の塗際は極細刷毛を持っての細かな作業です。(隣り合う木への染み込みが………)

塗板見本は作成するもののやはり全体に塗装すると違いはでますね。

外壁より出張った部分はスキップフロアの外部建具格子戸が入ります。

今回は挽き粗きの杉板。足場解体が楽しみです。

 

posted by しん at 7:23 PM | 新築:建築中! 蛇田の家

”かじかの家” 優良みやぎ材認証検査。

2017年11月8日

”かじかの家”より

ちょっとブログが遅くなってしまいましたが手刻み加工場にて先日、優良みやぎ材認証検査が行われました。
弊社で必ず申請しております県産材利用エコ住宅普及促進事業補助金(上限50万円)に必要な検査です。

そして今回は更に登米市東和町に新築ということで登米市地域材需要拡大支援事業にて登米市の市内産木材を主要構造部材(梁、柱等)に50%以上使用した住宅に延べ床面積に応じて(上限50万円)が別に支給されるいうことで申請をいたしました。

ちなみに今回は自然乾燥した宮城県産材を100%(杉、檜)の内、出荷証明書等や木拾い表より計算すると登米市産は約71%でした。

(優良みやぎ材は産地だけでなく、乾燥や強度、寸法などの一定の基準をみやぎ材利用センターが検査し、認証した製品です。認証されるためには、乾燥や強度・寸法などの品質がJAS(日本農林規格)の基準をクリアする必要があります。)

自然乾燥の良いところを生かすためすすめてきた木材は無事、『優良みやぎ材認証』をいただきました!
合格!(今回もホッと、ひと安心です。)

※弊社の含水計、電子ノギスを持っての木材社内検査の様子ものせとおきます。

posted by しん at 9:59 PM | かじかの家 新築:建築中!

+庭しごと。

2017年11月3日

”暮らし整う柾目の家”より。

お待たせしておりました庭師 Natures Rock Kawamura Garden 川村さんの庭しごとが始まりました。

今回はとてもいい、アオダモがあったいうことでメインに抜擢していただきました。

杉板の外壁に地窓から見えるロシアンオリーブをはじめとするミドリの植栽たち。
葉の色づく頃がまた楽しみです。

(いや~いいねぇ。)

植栽たちが来てくれたことで建物全体の表情が更に生きてきた~
ほんと庭って、素晴らしいですねぇ。

posted by しん at 10:22 PM | 新築 暮らし整う柾目の家

↑Back to Top