スプーン1本からちょっとした棚板まで、住まいのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社 建築工房 創
宮城県石巻市大橋3丁目1-7
TEL 0225-92-7080
FAX 0225-92-7081

※日中は外出していることが多いためメールにてお問合せください。

家づくりの現場から

家づくりの現場から

デッキの塗り替え作業です。

2018年11月12日

お待たせしておりましたウッドデッキ塗り替え工事。

この日は天気も良く塗装日和。
まずは養生~入念に研磨して、木材保護塗料にて数回に分けて乾燥させながらの塗装です。

床板と床板の間も目地刷毛で塗料を入れていきます。
………..夕方見違えるようにキレイになり、お客様も大喜びでした。

ありがとうございました!


 

 

posted by しん at 9:00 PM | リフォーム

型枠内清掃~立上りコンクリート打設へ。

2018年11月7日

”丸柱が語りつぐ家”より。

型枠検査も終わり今回もまたケルヒャー二号機を持ち出し、立上り型枠内の清掃に。

そして先日、立上りコンクリート打設が無事完了しました。
立上りコンクリートの強度硬化のため、養生期間に入ります。


 

posted by しん at 9:36 PM | 丸柱が語りつぐ家 新築:建築中!

基礎型枠検査へ。

2018年11月3日

”丸柱が語りつぐ家”より。

お天道様にも恵まれ、順調に基礎工事が進み来週の立上りコンクリート打設前の基礎型枠検査を行ってきました。

基礎屋さんと共にX方向、Y方向と寸法を細かく確認、高さの違う段差止めや土台の継手に重要なアンカーボルトの位置確認など検査は何項目かございます。

毎度おなじみの基礎屋さんの担当・石森くんと今回も確認作業です。
今回もバッチリ合格です!


posted by しん at 8:01 PM | 丸柱が語りつぐ家 新築:建築中!

太鼓梁、加工場へ登場。

2018年10月30日

”丸柱が語りつぐ家”より。

手刻み加工中の木材加工場へ今回も長物の太鼓梁が先日搬入となりました。

大工さんたちが特に苦労しながら創り出すこの太鼓梁は梁幅や梁成の大きさもさることながら今回も長さ8mと長物です。

この太鼓梁は地松太鼓梁の上にかかるため、水とよぶ水平ラインの墨を出し梁の架け方を加工場で確認してきました。

今回の梁組もまた楽しみですねぇ♪


 

posted by しん at 10:30 PM | 丸柱が語りつぐ家 新築:建築中!

『かじかの家』ギャラリーをUPしました。

2018年10月26日

『かじかの家』是非、皆さんご覧ください!

ギャラリー
http://www.k-sou.com/gallery/

posted by しん at 8:33 PM | ギャラリー新着のお知らせ

スラブコンクリート打設前、清掃。

2018年10月22日

二子の家より。

この日は局地的な雨もありましたが、基礎スラブ配筋工事も完了、社内検査、第三者機関における配筋検査も完了合格して、最終のスラブ内清掃の日でした。

創の清掃機『ケルヒャー二号機』の出番!
この『ケルヒャー二号機』は、水分やコンクリート片も難なく吸い上げる強力な乾湿両用掃除機。
施工中に飛散した不純物をすべて除去していきます。

防湿シートのあいてしまった穴はサッシ廻りなどに使われる防水気密テープで細かに見て塞いでいきます。

……..スラブコンクリート打設前の清掃日でした。


posted by しん at 11:07 PM | 丸柱が語りつぐ家 新築:建築中!

檜 丸太削り

2018年10月19日

二子の家より。

先日、お施主様に足を運んでいただき、いつも現場にて行っておりますコンクリート打設前の基礎配筋のちょっとマニアックなご説明を聞いてもらいまして、その後、木材加工場に移動して手刻み加工の見学に来ていただきました。

今回使用する化粧檜丸太の荒カンナ掛けも終った木材や差し鴨居、大きな金輪継ぎ手もご覧いただくことができました。


posted by しん at 10:05 PM | 丸柱が語りつぐ家 新築:建築中!

ガルバリウム製・雨樋。

2018年10月16日

”暮らし整う柾目の家”にメンテナンスに行ってきました。

利府町にあるご自宅も一年を過ぎ、庭の植栽も外壁の杉板もいい感じの味わいになってきました。

外観には、私の好きなアイテムのひとつがこれ、タニタハウジングさんが創る”ガルバリウム製雨樋”。
その中でもイチ押しはさりげなく”線”をシンプルに表現している昔ながらの『半丸』。

上吊金物が下から見えないからか雨樋ひとつで外観イメージは違うものですねぇ。
ラッパ口の集水器もシンプルで好き>


posted by しん at 10:27 PM | 新築 暮らし整う柾目の家

二子の家。手刻み加工。

2018年10月10日

二子の家より。

木材加工場にて大工さん、手刻み加工中です。
墨付け→刻みと加工していくのですが、この日は長年自然乾燥していた地松の太鼓梁の墨付け中でした。

地松とは国産の松で赤松、黒松があります。

赤松の方が素性がよく、目の通りが良いです。ちなみにマツタケが生えるのは、この赤松の下です。

納まりは建て方までのお楽しみで。


posted by しん at 10:04 PM | 丸柱が語りつぐ家 新築:建築中!

基礎工事~根切り

2018年10月5日

”二子”より。

いよいよ始まりました二子の家。

設計/施工とも弊社、建築工房創です。

母屋、納屋と二棟ございますが根切のスタートは、納屋から。
べた基礎の通称アゴと呼ばれる外周部を掘りながら、土間部分を鋤取って進んでいきます。

明日は根切床付けの深さを確認する自社検査(基礎の一番下の面)。
床付けの上に砕石敷き込み~捨コンクリート打設という手順で施工していきます。


posted by しん at 10:14 PM | 丸柱が語りつぐ家 新築:建築中!

1 / 5012345...102030...最後 »
RSS
↑Back to Top