みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2019/08/17
内も外も本漆喰の家、...
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

豆砂利洗い出し仕上げ。

2019年06月27日

”丸柱が語りつぐ家”より。

連日、仕上げ工事が進む現場内外。

千葉左官さんも壁の漆喰塗が終わり、最終は玄関/ポーチの土間仕上げ。

創の玄関内/ポーチの床仕上げは豆砂利洗い出し仕上げまたはスサ入り色モルタル仕上げが標準仕様。
今回は明るめの表情豊かな小石、金華2分を使った豆砂利洗い出し仕上げ。

創の豆砂利はモルタルに色石(今回、金華)、分量を調整した松煙墨(松を焼いたときに出る煙から煤をとり顔料にしたもの)を加えて墨色を出しています。

素材が揃うとミキサーで練り混ぜ、土間へ流し込み。
豆砂利を隙間が出ないように鏝でしっかり伏せ込みセメントの乾き具合を見ながら水を掛けスポンジで洗うようにして石の頭を出していきます。

千葉左官さんは自分たちが納得いく見え方になるまで何度も何度も洗っていきます。

まさに職人技!100%左官屋さんの手作業で完成です。
(……撮影後も更にスポンジで洗い続ける千葉左官さん。納得いく仕事まで….)

posted by しん at 10:49 PM

長い軒と濡れ縁。

2019年06月25日

“丸柱が語りつぐ家”より。

だんらんの間より南側の掃き出し窓を開けて一歩、外へ出ると東西にそれはそれは延びた、きれいな桧材をつかった木製濡れ縁が完成!

長~い濡れ縁は10m以上。ヒノキの香りも良く、節もまた美しい。
900㎜も奥行があるのに少々の雨では当たらない。
それもそのはず長くせり出した軒の出はスッポリとかぶさるように濡れ縁に傘をかけてくれているからです。

濡れ縁は、外でありながら家のなかのように過ごせる中間領域。
ちょっと腰かけてお茶したり、本を読んだり、ゴロリと横になってみたり………。

使い方は様々。ホッとできる領域になることは間違いないですね。

posted by しん at 9:40 PM

外構工事の準備。

2019年06月18日

”丸柱が語りつぐ家”より。

内部では左官屋さんの漆喰塗が進む中、今週から始まる外構工事の準備のため長い間、つかってきた木材類を整理して使わない木材の搬出作業です。

~山の景色がとてもきれいな木材倉庫のある三輪田へトラックに積み込み出発です。

 

posted by しん at 10:35 PM

漆喰を真壁へ。

2019年06月15日

”丸柱が語りつぐ家”より。

仕上作業にはいっている現場。木完検査が完了した2階より報告します。

漆喰のつのまたのかおる室内に滑らかに鏝を使う左官屋さんの姿があります。

内部足場をかけていました吹抜け部分はいよいよ足場が外され真壁の化粧柱、化粧梁を引き立たせるように左官屋さんの仕上げてくれた漆喰の白壁が反射光になって自然光を各所にとりいれ、室内をひときわ明るくしてくれています。

造作の洗面台も細かなモザイクタイルを使い、タイル屋さんの仕上げ作業中です。

 

posted by しん at 10:31 PM

上がり框を創る。

2019年06月11日

『丸柱が語りつぐ家』より。

現場は木工事の最終段階に突入。
大工さん玄関上がり框の加工~取付作業中です。

上がり框とは、玄関で靴を脱いで段差の上端に水平に取付られる横木のことを言います。
この部分を高品質な木材を用いる場合も多いですし、木材以外の大理石などの石材を取り入れる方法もあります。

今回登場の上がり框は無垢の栗材を使用。

取付部分は施主様と打合せを入念におこなった斜めのラインからの直角と中々の難易度。
角度のつく部分は無垢材のため木そのものが動き、角の隙間が出やすいため弊社では裏側よりボルトにて補強しております。
(ひとの骨のようにがっちりとなるべく開かないための工夫です)

posted by しん at 10:46 PM