みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2019/07/17
見学会 予約受付中!
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

木組みの空に雲をみつける家。(新聞古紙断熱材であったか。)

2013年03月30日

木組みの空に雲をみつける家。
室内では創仕様断熱材の作業中。内壁に不織布をいう呼吸するシートを外壁面に張り、専用ホースにセルロースファイバー断熱材(新聞古紙を利用した断熱材)を送り込み壁内に吹き込む。

パンパンにふくれあがった断熱材。断熱性・吸湿性はもちろんのこと、防音性にすぐれ室内は澄んだ空間になるんです。
薪ストーブのあたたかな熱を逃がさず保温してくれます。

posted by しん at 11:59 PM

木組みの空に雲をみつける家。(春の青空。)

2013年03月28日

・・・木組みの空に雲をみつける家。 では外壁工事が完了し外部の木部塗装中です。
その木部塗装、なんとお施主様が休日のたび強風の日も寒い日も共に家づくりに参加!

リボス(自然塗料)片手に頑張っていただいております。
自ら自分の住むいえに手を入れることにより更に愛着が湧き上がるとお施主様。

家づくりの楽しさ。 清々しい家を一緒に作り上げていく。

posted by しん at 11:58 PM

生成りの家(配筋検査も合格。)

2013年03月26日

先日、社内基礎検査のあと第三者機関による配筋検査も無事合格し
本日、耐圧盤コンクリートの打設。
っと午前のサッときた雪に基礎屋さんと ヒヤリ。 (降るなよー。(祈))

鉄筋配列がきれい。
土間の鉄筋が少しも波打つことなく真っ平らに配列された鉄筋。
しかし、土間砕石の転圧(ランマーという機械で締め固める)が十分でないと
作業で歩いているうちに浮き沈みし波打って、これにより不具合が生じるんです。
(….仙台勤務の際にみっちりと基礎についてたたき込まれました。思い出すなぁ。) 

posted by しん at 11:19 PM

青空とともに。

2013年03月23日

庭から南西の空を眺める。
青々とした空。創の家も三月で丸五年。

外部の木には当時、自分で自然塗料を塗装したのを思い出します。
よく見るとキラッと光る外壁は白竜石を含む石灰モルタル塗り。
とても寒い日が続いたときでした…。

その土地により差はありますが五年後の木の家です。

posted by しん at 11:22 PM

生成りの家(基礎工事はじまりました。)

2013年03月20日

北西の風が強く吹き付ける日も度々ありましたが、このところ
晴天がつづき平均気温も徐々に上がってきて基礎工事には最適
な時期が間もなくやってきます。

〜 捨てコン打設完了です。

 

posted by しん at 9:38 PM