みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2019/06/18
外構工事の準備。
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

三輪田窯 亀山さんへ。

2014年02月23日

先日のこと石巻 三輪田にある三輪田窯 亀山さんの窯場にお邪魔してきました。

窯場は二俣小学校三輪田分教場にあり自然に囲まれたとても穏やかところです。

 亀山さんは地元の天然素材をつかうことにこだわりを持ち、粘土を始め、霊峰上品山の岩石、雄勝硯石、稲井石、籾殻、木灰、貝などを釉薬として使用して独自の風合いを現しています。炎を通して生まれる器達の変化に驚きです。

地元の素材をつかい創作活動をしている亀山さんには自分もすごく共感しています。
しかし、稲井石も粉の量や混ぜ合わせる素材により様々な色合いを出すものですねぇ。
こちらは上品山の岩石!こっちは欅の灰からですか!
いや〜ほんと綺麗な色合いに感動です!

素材達もなんと幸せなことでしょう。 
お頼みしました手洗い鉢の仕上がりを楽しみにしております。

(そうそう自分も以前左官工事で使うため稲井石の粉をいただきに行ったときにも一足先に亀山さんが稲井石の粉を取りに来ていたということがありましたねぇ。不思議な出会いに感謝です。)

三輪田窯 亀山 英児さん
http://minowadagama.jp

posted by しん at 9:53 PM

天井と床。

2014年02月21日

今日は現場を渡波から矢本への移動範囲。

『大屋根ささえる手仕事の家』ではインナーバルコニー部分の工事中。
一階からは天井で二階からは床?
二階からの太陽の日差しが一階までさしてきます。なぜ?

上と下をつなぐ日差しの連絡通路は少しずつ隙間のあいたスノコ床。
杉の木肌がほんと綺麗な仕上がりです。

posted by しん at 11:15 PM

外部足場、いよいよ解体です。

2014年02月18日

『大屋根ささえる手仕事の家』

待ちに待った外部足場の解体が行われその姿が現れました。

posted by しん at 11:21 PM

清々しい日、Startしました。

2014年02月10日

青空が気持ちいい最良の日、本日めでたく地鎮祭が取り行われました。

だんらんの間には南側に面した開放的な手づくりの木製サッシ。
そして薪ストーブの煙突が目印である清々しい家です。
どうぞご覧下さい。

 

 

 

 

posted by しん at 10:00 PM

見事な薪たち。

2014年02月5日

先日のこと、山々に囲まれ青空がとても気持ちいいある日、新築現場の準備に行ってきました。

驚きと感動は既存倉庫周辺の一角にそれはありました。

右も左も高くそして長く積まれた薪、薪、薪!
割られた薪はケヤキ、ナラ、クヌギ、リンゴなどなど数種類。
更にまだまだ玉切り状態のものまで・・・。
見事な薪たちでした。

(自分を振り返りアリとキリギリスといった状態でしょうか・・・・。
お施主様、準備万端です。)

posted by しん at 11:59 PM