みやぎ木造住宅コンクール5年連続受賞

2019/06/18
外構工事の準備。
Instagram

家づくりの現場から

随時更新!刻々と変化する現場の状況を、
思いの丈込めてお伝えします。

南三陸より。

2015年05月30日

『南三陸ミシン工房』より

清々しいお天道様のもと、石巻より南三陸に向かう。
南三陸ミシン工房の現場では砕石の敷き込み転圧作業、防湿シートが敷き込まれ捨コンクリートが打設されました。

来週からは土間の鉄筋が配筋されます。
しかし気持ちのよいところです。

 

posted by しん at 11:56 PM

二つの現場、中間検査合格!

2015年05月29日

『ひかりを紡ぎ進む家』より

このところ汗が流れる毎日。
昼間は現場周りが多く、今週は二つの現場の社内検査そして、石巻市の中間検査と大忙し。

検査は構造部(梁、柱等)の仕口や継手、必要とする建築金物の取り付け状況、外壁に貼る耐力面材の釘の間隔、浮き沈みなどなど。
社内検査も結構な時間をかけます。お陰で市役所さんの検査も無事合格をいただきました!

大工さん、外壁の下地(透湿防水シート貼り、通気胴縁の取付など)作業開始です。

 

posted by しん at 11:00 PM

根切り工事、開始しました!

2015年05月23日

先日、地鎮祭が行われた”南三陸ミシン工房”。

いよいよ、土を掘り上げる根切り工事が開始しました!

 

posted by しん at 10:17 PM

『南三陸ミシン工房』いよいよ地鎮祭です。

2015年05月17日

南三陸町歌津。
山間の静かなこの場所で先日、素晴らしい青空のもと『南三陸ミシン工房』さまの地鎮祭が行われました。

地鎮祭には南三陸ミシン工房・代表理事 熊谷 安利さまを始め、mina perhonen(ミナペルホネン)・デザイナー 皆川 明さま(東日本大震災の被災地復興支援を目指し始まったKENDAMA TOHOKUプロジェクトで、皆川 明さまがデザインした巾着袋を南三陸ミシン工房に縫ってもらう企画よりはじまる。皆川さまは東京スカイツリーの制服やコラボグッズも展開する。)

 設計監理を行う、建築家 中村 好文さま(レミングハウス)、富永 明日香さま、南三陸ミシン工房のメンバーのみなさま、ほか多数がご出席し盛大に行われました。

南三陸ミシン工房は、東日本大震災で被災した女性たちが、ミシンを仕事や生きがいにしていくためにボランティアと共に立ち上げたグループです。
全国の方からの支援金を基に購入させていただいた家庭用ミシンをメンバーに配布し、仮設住宅でそれぞれが縫製するところからスタートしました。
現在はNPO法人となり、ミシンも家庭用から職業用ミシンに切り替わり、縫製技術もあがってきました。13名の女性たちが毎日、一針一針心をこめてミシンに向かっています。
(南三陸ミシン工房 HPより)

…今回、新たな『南三陸ミシン工房』として新築いたします。
建築工房創も、この機会を任せていただくことに感謝しながら楽しんで、思いっきり、ものづくりをしたいと思います。

詳しくはこちらをご覧下さい。

南三陸ミシン工房⬇ 
http://www.mishinkoubou.org

ミナペルホネン(皆川 明さま)⬇
http://www.mina-perhonen.jp

 

posted by しん at 9:53 PM

近場の現場より。

2015年05月13日

… 創の家から、およそ五分の現場。
ありがたいことに近場のお客様からお声をかけていただく事も少なくない。

そんな出会いがあった、この現場も土留め工事を完成しました!
順調に進んでおります。

posted by しん at 10:46 PM